電気のいらない昔ながらの冷蔵庫



北海道旭川市で1980円に設立された建具と家具製造の発売元が、同市内の金属加工メーカー、アルファクラフトと組み、戦前から昭和30年代頃まで使用されていた氷冷式冷蔵庫の改良版を製品化した。

価格は28万円。

冷却能力は市販の板氷2個(約3キロ)を利用した場合、2日~3日は8℃~10℃に保つことができるようだ。高性能断熱材などを使用し改良されている。

この冷蔵庫は刺身などを冷やしておいても冷気で乾燥することがなく、ワインやビールなども冷やしすぎることない適温で冷蔵することができる。

確かに週末のパーティなどでゆっくりとワインを味わいたい時など気分が盛り上がりそうな気がする。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする