産業界の主な賃上げの動き



今春の賃上げは一時金での導入が多い。
ローソンでは20代後半~40代の正社員の一時金増額で年収を3%増となる。
トヨタ自動車では3年連続となる満額回答で、一時金は約205万円。
日立製作所は1991年以来の高水準の5.35カ月の一時金が支給される。
三菱重工業も16年ぶりの満額回答で一時金は4.0カ月+49万円。
眼鏡専門店「JINS」のジェイアイエヌは1500人に特別賞与(正社員で年収約6%増)が、旅行サイトの一休は全社員に50万円の特別賞与が支給される。

また、基本給を引き上げるところもある。
イオンリテールでは若手を中心に基本給を引き上げ、パート組合員の時給も増額される。
そのほか、ニトリでは定昇と賞与、やファミリーマートでは定昇とベアでそれぞれ2%程度増額される。
セブン&アイ・ホールディングスはイトーヨーカ堂やそごう・西武などでベアを実施する。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする