内装のカスタマイズ



内装をカスタマイズできる賃貸物件が人気だ。
改装費と空室率を減らしたいオーナーと自分好みの部屋にしたいユーザーにとって双方にメリットがある。また壁紙を選択できる賃貸もあるようだ。

さらに新築や改修時期に合わせて入居者のオーダーに合わせて改修する物件もある。
通常、賃貸の場合は原状復帰が大原則ではあるが、退去時もその必要がない場合が多い。

また利用者の負担を減らすために改修費用をオーナーが負担する場合もあるという。

確かにオーナー側にとって空き室というのは機会損失にあたるため
最近では頭金などなくても良いので入居してほしいという物件が多い。

この制度は双方にとってメリットがあるためもっと広がりを見せてほしいものである。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする