入浴法を指南 JOCと契約



入浴剤メーカー大手のバスクリンは、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)とパートナー契約を結んだ。
JOC加盟の各種目競技団体に、疲労回復効果が見込まれる入浴剤を無償提供し、入浴効果を高める方法を指南する。
アスリート支援の実績を武器にブランド力を高める狙いだ。

同社は昨年のロンドン五輪でも日本選手団に入浴剤を提供している。
新たにリオ五輪が開催される2016年末までの4年契約で、リオ五輪およびソチ冬季五輪の選手団を入浴剤を通じてサポートする。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする