ベビースターの体験型ショップ



商業施設「横浜大世界」を運営するオーヴァルは、横浜中華街に「横浜博覧館」を3月開業予定だ。
目玉は、おやつカンパニーの「ベビースターラーメン」をテーマにした体感型ショップ。
初年度入館者数70万人を目指す。

中華街大通中央付近に建設中で、地上3階建ての延べ床面積約660平方メートル。
2階は「横浜おやつファクトリー」として、「ベビースターランド」をオープンさせる。
製造工程を見学できるミニ工場や、出来立てのベビースターラーメンを食べられる。
1階は横浜銘菓、中華総菜、雑貨を扱うギフト店、3階はカフェで中国茶などが楽しめる。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする