ドリンクバー縮小加速 !ドリンクバーがなくなる??


ファミレス業界は飲料飲み放題の「ドリンクバー」を、集客できる標準的なサービスとして定着してきた。
しかし、ロイヤルホストでは、ドリンクバーを導入しない店舗を現在の都心を中心とした21店から今後2年間で50店に増やすという。
来店客を分析しドリンクバーを廃止する店を増やし、落ち着いた雰囲気を好む中高年層の来店につなげたいようだ。

同社のドリンクバーの料金は1人294~462円で、25種類程度の飲料が飲み放題だ。
ドリンクバー廃止による滞留時間短縮や客数減少のマイナス面は、客席の回転数向上で補う見込みで、既に廃止した店の売り上げはあまり落ちていない。

集団での長時間滞在が店の雰囲気を損ねたり、1人分の料金で何人も利用したりなど、ドリンクバーの弊害も目立ってきた。
家族向けだったファミレスも利用する客層の変化に対応した店舗運営やサービスの見直しを図る時期にきているようだ。


Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする