トラフグ「オス」のみ生産



長崎県総合水産試験場はトラフグのオスのみを大量生産する技術の実用化にメドを付けた。
フグの白子(精巣)は高級食材として知られている。
3~4年後の実用化を目指しており、成功すれば白子が手軽に味わえる可能性が高くなる。

酒飲みのサラリーマンにとっては朗報なので、今回は番外編として取り上げました。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする