スーパーのシニア対応強化



シニア向けの百貨店で有名なダイシン百貨店。同百貨店では小分けにされた惣菜や今ではどこでも買

えない洗濯板、ポマードなど年配者が利用している商品などを充実させシニア世代から大きな支持を

受けている。

最近ではスーパーも同じような対応を強化している。
イオンでは拡大鏡付きのショッピングカートの導入、ダイエーなどでは軽量タイプのカートの導入な

どだ。

その他のスーパーでも
少量の組み合わせ(袋麺なども1つから購入できるなど、もしくは他の商品と組み合わせができるなど

)を行ったり、値札に塩分を表示したり、棚の高さを低くしたりと対応は様々だ。

いずれにしても少子高齢化社会の日本では高齢者をターゲットにすれば自然と対象者が増えるのでス

ーパーなどの日用品を扱う店舗で有効な手段であることは間違いない。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする