クールジャパン戦略、アニメや文化を輸出支援!



政府の2013年度予算案は景気回復に重点が置かれ、一般会計の総額で92.6兆円、年度内の成立を目指す。
流通・サービス関連の施策として、日本のファッションやアニメなどの海外展開を促進する「クールジャパン戦略」、食文化の輸出支援強化も盛り込まれた。

震災復興関連では、津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金として1100億円を確保、沿岸5県に工場や倉庫、コールセンター新設する際の経費への補助などを盛り込んだ。

食文化の輸出支援では、農林水産省が39億8000万円を新たに確保。
経産省もクールジャパン戦略で58%増額の14億6000万円を確保し、企業の発掘や支援に新たに10億円の予算を付けた。

消費者庁では、被災地産品の風評被害防止や金融トラブル防止に向けた消費者教育など、新規に5億円を確保。

総務省は「ビッグデータ時代に対応するネットワーク基盤技術の確立」に24億9800万円を新規に計上した。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする