イオンが花専門店を多店化!



イオンは生花の専門店の多店舗展開に乗り出す。
自社展開の総合スーパー(GMS)をはじめ、路面店も含め2014年度までに60店に増やす計画だ。

同社は昨年11月にイオン板橋店で生花専門店を実験店として導入。
生花のほか、従業員が作るオリジナルの「プチブーケ」(500円)、観葉植物、花と相性の良いアロマ用品などの雑貨も揃えた。
まず、13年度までにGMSと路面店で路面店で約30点に増やし、営業時間も原則GMSに合わせるなど利便性を高める。
また、店舗の近隣の生産者からの調達を増やして商品の鮮度も高め、GMSの集客力向上につなげる。

多店舗化に合わせ、社内資格制度を活用して人材育成を図る。
既にフラワーアレンジメント技能が高い人材が約400人いるが、接客力を高める研修も充実していく。

同社は、09年から自転車や酒類など7品目の専門店化を実施してきたが、今後も進めていく予定だ。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする