【拡散希望】インフルエンザ流行宣言。



厚生労働省は21日、インフルエンザが今季初めて、流行シーズンに入った、と発表した。

流行入りの時期は平年並みという。

読売新聞調べ。

さて、今年もインフルエンザが猛威を奮う季節がやってきました。
そこでインフルエンザがどのような経済影響を及ぼすのかを調べてみたところ
インフルエンザ自体に関する情報は得られなかったのですが
新型インフルエンザが世界的に猛威をふるった場合の経済損失についての記事を発見しました。

2009年5月香港紙によると複数の経済学者が新型インフルエンザが全世界に流行すれば観光業への経済損失は191兆5700億円と予測した。

またイギリスのシンクタンク「オックスフォード・エコノミクス」のジョン・ウォーカー氏は最悪の場合、旅行客は25~30%減少、全世界における経済損失も2兆ドルに上ると予測されるとした。

別の経済学者も208兆円5300億円に上ると予測している。
2003年に流行したSARS流行時の経済的な損失は2兆3700億円となっている。

どちらにせよ製薬業界を含む医療業界以外は損失が多いようだ。

Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする