「ウィルキンソン」の新味を販売



アサヒ飲料は炭酸水の主力ブランド「ウィルキンソン」の新味を販売するほか、従来品も自動販売機に採用するなど販路を拡大する。

4月中旬に「ミキシング」と呼ぶシリーズの第1弾となるグレープフルーツ味のペットボトルを発売する。
ハーブやはちみつ味などを加えたほどよい甘さと炭酸の爽快さが特徴で、希望小売価格は税抜き140円。
販売量は年30万ケースを見込んでいる。
味付きのミキシングは今後も継続予定だ。

また、味の付いていない主力の「ウィルキンソン タンサン」は4月から自販機での販売を開始、全国27万台の同社自販機に順次導入する。
ウィルキンソンは約100年の歴史を持つ同社の主力ブランドの一つで炭酸水シェア首位。
これまではスーパーやコンビニ、飲食店向けの業務販路に限っていたが、販路を拡大しブランド力向上を図る。


Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする