「そごうシーガルシアター」新作映画の試写会や過去の名作を上映



そごう横浜店は今月26日から毎週火曜日に映画上映を開始する。

9階の新都市ホールにできる「そごうシーガルシアター」は最大800席、縦4.2m×横10mの大型スクリーンを設置、定員や入場料は作品ごとに異なる。
新作映画の試写会や過去の名作を上映し、作品にまつわる人物のトークショーや売り場連動企画なども開催される。

こけら落としとなる26日は、1968年公開の「黒部の太陽」が上映され、当時の関係者らのトークショーも催される。
4月2日には新しい辞書づくりに取り組む人々を描いた「舟を編む」の試写会も開催され、インテリア売り場では辞書風ポップの掲示など映画連動企画を始めた。


Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする