「いま女子力」頑張れる職場とは



私が13年間、全国各地で研修、講演してきた経験から、能力の個人差のほかに、体の構造の違いからくる男女差を認識することが重要だと考えます。

女性は情報や経験を分かち合うことが好きで、年齢や職位よりも横とのつながりが得意、感受性豊かに感じたものを共鳴します。
男性は自分が良かった体験を独占したい傾向があり、縦の関係には敏感だが、初対面の人には壁を作る傾向があり、論理性を優先し、本音と建前を使い分けます。
男性は縦糸、女性は横糸のような強さをそれぞれ持っていると言えるでしょう。
すべての組織はしなやかな布への変化が望まれますが、男性が横糸を意識するだけでなく、横糸の強い女性の活躍で布に変化します。

女性が楽に働ける会社は増えましたが、制度を活用し楽に働くのと、やりがいを持って働く違いに気付かなければなりません。
女性が働きやすい会社から活躍する会社に変わったとき、全ての人が生き生きと活躍する会社となるはずです。

「日経流通新聞 2013年3月22日 キャリアコンサルタント植田寿乃氏執筆記事参照」


Share on Facebook

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする